勃起不全に陥った旦那を救ってくれたシアリスにお礼

勃起不全の原因

勃起不全は今までは年齢のせいで起こるものだと思われていました。確かに年齢を重ねるとペニスが勃ちにくくことはありますが、実は年齢だけが原因ではありません。ストレスが溜まったことが理由になっていることもありますし、食事が不規則すぎたり、運動をしなさすぎたり、お酒を飲みすぎたり、タバコを吸いすぎたりなど普段の生活のせいでなっている可能性が高いのです。今回は勃起不全の症状や原因についてご紹介していきます。
まずこの症状になってしまうわけから話していきたいと思います。正常な状態では性的な刺激を受けて神経を通してペニスにまで届き、陰茎海綿体の動脈が拡がることで血が流れて勃起します。血管に何かしらの異常がある状態であれば、陰茎海綿体の動脈が拡がらないので、その結果血が流れなくなり、勃起がしなかったり自分が満足する勃起にならなかったりします。
ではここからはEDになってしまう理由について詳しく解説を行っていきます。まず一つ目は心理的なものが理由のケースです。心理的なものは大きく2つに分けられます。まず1つめのものは現実心因と言われるもので、これは毎日の暮らしの些細なストレスがきっかけとなりEDになってしまうものです。SEXをした女性に下手だと言われたり、彼女にきつい言葉を言われたりするだけでEDになってしまいます。またこれら以外にも経済的にきついと感じていたり疲れが溜まっていたりなど、自分である程度予想がたてられるものになります。もう一つのものは深層心因と言われるものになります。こちらは小さい頃の出来事や性的な嫌な思い出などが理由となりEDになってしまうものとなります。ほとんどの場合は心の奥底に眠っているものが理由となっているので自分では全く思いつかないため治すために非常に時間がかかってしまいます。
二つ目は血管や神経に障害があるケースとなります。これは非常に多くの種類があり、加齢、生活習慣病、神経系の障害、手術や外傷などとなります。特に多くなっているものが生活習慣病が理由となっているものです。糖尿病、高血圧、高脂血症などがきっかけとなり、血管や神経が障害を受けて起きてしまうEDです。特に血液に関係している生活習慣病の場合はEDを起こしやすいとされています。
EDの大まかな理由はこれらになります。基本的にはストレスや血の流れが理由となっていることがほとんどです。血の流れが原因となっている場合はED治療薬を飲むことで治ることが多いので一度試してみてはいかがでしょうか。